2022年12月定例会

2022年
中小企業税務経営研究協会シンポジウム

ブルーオーシャン×ランチェスター戦略で地域No.1会計事務所を作った手順

本格的会計事務所を目指すベリーベストのここまでの10年、ここからの10年

2022年12月9日(金)

年に1度の一般社団法人中小企業税務経営研究協会シンポジウムとなります。

第一部では、税理士法人阿比留会計事務所の阿比留一裕先生をお招きし「ブルーオーシャン×ランチェスター戦略で地域No.1会計事務所を作った手順」と題してお話しいただきます。

第二部では、税理士法人ベリーベストの岸健一先生をお招きし「本格的会計事務所を目指すベリーベストのここまでの10年、ここからの10年」と題してお話しいただきます。

※DVDは2023年1/10に発送となります。


主な内容

第1部
ブルーオーシャン×ランチェスター戦略で地域No.1会計事務所を作った手順
税理士法人阿比留会計事務所 代表社員 公認会計士・税理士 阿比留 一裕先生
  • 「感受性欠乏症な所長」とビジネスモデルの関係
  • 全国120事務所に導入されたビジネスモデルの全貌と9つの要素
  • 月に1週間、完全休業になる事務所の作り方

第2部
本格的会計事務所を目指すベリーベストのここまでの10年、ここからの10年
税理士法人ベリーベスト 代表社員 税理士 岸 健一先生

1.100名体制にしたここまでの10年間の歩み
  • さいたま市に作った計算センターの功罪
  • 高度税務案件対応の基盤づくり

2.100年続く税理士事務所にするために
  • これからの時代に生き残る税理士事務所をどう定義しているか

3.総合事務所の苦悩

講師プロフィール

阿比留 一裕(あびる かずひろ)

税理士法人阿比留会計事務所 代表社員 公認会計士・税理士

2002年、大阪大学経済学部在学中に公認会計士2次試験に合格。中央青山監査法人(当時)、地方銀行の本部部門勤務を経て、2009年、税理士法人を設立し独立開業。2010年にそれまでの数十億円、数百億円という企業規模から一転、個人事業の美容業・飲食業に特化した税務サービスを展開し、月2~3件のペースで新規獲得を継続、職員一人当たり年間売上1,450万円という高い生産性を実現。

このビジネスモデルをパッケージにして、全国120事務所に販売。 東京、大阪、名古屋で12回開催したセミナーには、各地の会計事務所の所長・幹部350名以上を動員。士業向け業界新聞、雑誌等にも掲載されるなどメディア掲載実績も多数。

[WEBサイト] 税理士法人阿比留会計事務所


岸 健一(きし けんいち)

税理士法人ベリーベスト 代表社員 税理士

1995年 03月 明治大学付属中野高等学校 卒業
1999年 03月 明治大学経営学部経営学科 卒業(平井克彦先生のゼミ)
2001年 03月 東京国際大学経済学研究科修了(経済学修士)
2001年 08月 TAC株式会社税理士講座講師
2005年 02月 岸税務会計事務所代表
2012年 12月 税理士法人ベリーベスト代表社員就任
2015年 03月 グロービス経営大学院経営学研究科修了(MBA)

[WEBサイト] 税理士法人ベリーベスト


開催概要

※講師・内容は変更する場合があります。
日時
2022年12月9日(金)14時~
※懇親会はありません
会場
ウェビナー開催
参加条件
一般社団法人 中小企業税務経営研究協会 会員
ページTOPへ